東京大茶会とは

初心者の方も気軽に参加できる本格的な茶席や野点(のだて)、
外国人のための、英語の解説がつく「WELCOME!英語で楽しむ野点」
お茶を点てる体験ができる「茶道はじめて体験」など、さまざまなプログラムを展開します。

東京大茶会の歴史

東京大茶会は、東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)が日本の伝統文化を
国内外へ広く発信するとともに、その根底にある「和の心」を次代に継承するため、
平成20年より開催し、これまでに9回開催され、約17万8千人に御来場いただきました。
現在では“東京の秋の風物詩”として親しまれています。