茶道とは

「茶道」とは、日本の伝統的な様式に則り、亭主が客人にお茶を点(た)て振舞い、客人は亭主のおもてなしを受け、お茶をいただくことを言い、「茶の湯」とも言われます。
「茶道」では、お茶の点て方(点前)、いただき方、座り方、礼(お辞儀)の仕方、立ち方、歩き方の動作にも色々な決まりがあり、これを作法といいます。この作法は、客人をもてなし、お茶をおいしく差し上げるため、また客人がもてなしを受け、お茶をおいしくいただくためにできたものです。
「茶道」は単にお茶を客人に振舞い、お茶をいただくだけではなく、亭主と客人との精神的な交流を重んじる精神性や思考、そのための茶室や庭、茶室のしつらえ、茶道具の選別や鑑賞、振舞われる料理や手前作法などの審美性が融合した総合芸術ともいえます。
また、客人をもてなす茶道の精神は、現代の日本人のおもてなしの精神にも通じています。
おもてなしの心に触れながら、お茶を楽しむことが、茶道では大切です。

茶道の歴史

お茶は中国から渡来し、鎌倉時代(1185-1333)には禅宗(臨済宗)と共にお茶を持ち帰った栄西により、禅宗と共にお茶も全国的に広まったといわれています。そして、室町時代(1392-1491)には、中国からの「唐物」がもてはやされ、それを使用したお茶会が流行する一方で、「和物」といわれる日本製の茶道具を使用し、亭主と客人との精神的な交流を重んじる「わび茶」を村田珠光(1423-1502)が成立させ、茶室・茶道具も次第に派手で華美なものから、精神性を尊ぶ質素なものが尊重されるようになりました。その後、その精神を武野紹鷗(1502-1555)が受け継ぎ、その弟子の千利休(1522-1591)が、安土桃山時代(1573-1603)に、「わび茶」を完成させました。それが今日の「茶道」・「茶の湯」の礎となっているといわれています。
これまでに千利休の子孫による「表千家」「裏千家」「武者小路千家」のいわゆる「三千家」を始め、多くの流派が誕生し、今日でも広く人々に親しまれています。

茶席に参加する前に

  • お茶席に入る前には、茶器や道具を傷つけないよう時計やアクセサリー(指輪)は外しましょう。
  • 白い靴下や足袋を着用しましょう。
  • お菓子を食べるのに使用する懐紙と菓子きり(黒文字)を持参しましょう。

ただし、東京大茶会は初心者向けのイベントとなっていますので、何も用意せずに茶席にご参加いただくことができます。

茶室に入ったら

茶室に入る時は、畳のへりや襖の敷居を踏まずに入りましょう。
お茶席に座る場所はとても重要です。
茶室は、床の間(※1)に一番近い場所が上座となり、最も離れた場所が下座になります。そのため、床の間の一番近くに座る人が、正客(※2)となります。正客は主賓として、茶道の知識を持って、亭主(※3)と会話をすることが求められます。亭主がしつらえた茶室や茶器の趣向を読み取り、会話をするなど高度な知識が必要とされています。
正客の隣に座るのが次客となります。次客は正客ほどの茶道の知識は要求されないものの、正客の次に重要なお客となります。次客以降は三客、四客と続きます。三客以降のお客は亭主と会話をすることはなく、初心者でも参加しやすい席と言えます。また、最も床の間から遠い席に座る人は末客と呼ばれ、他のお客様とは作法が違うこともあり、初心者には不向きな席とも言われます。

  • ※1 日本建築で座敷の床を一段と高くした所のことを言います。
  • ※2 お客様の中で最も重要なお客様のことをいいます。
  • ※3 お茶席をもてなすホスト役となる人のことを亭主といいます。
  • ※4 正客の次に重要なお客様のことをいいます。
  • ※5 床の間から一番離れたところに座るお客様のことをいいます。

お茶のいただき方

1.
お菓子が出されたら、隣に「お先に」といって、自分の目の前においた懐紙の上にお菓子を乗せ、懐紙ごと手に取り、程よい大きさに切っていただきます。
お菓子はお茶をいただく前に、全て食べておきます。
2.
お茶が出されたら、隣に「お先に」と声をかけ、右手で茶碗を取り、左手のひらの上におきます。
自分に向いている茶碗の正面を、二度ほど茶碗を回してずらし、正面を避けて何口かで飲み干します。
3.
飲み終えた後は、茶碗の口をつけた部分を右手の親指と人差し指で、軽くなぞり、指を懐紙で拭いておきます。
4.
4. お茶の正面を元に戻すために、茶碗を、お茶を飲む時とは逆の方向に二度ほど回し、右手で自分の前にお茶碗をおきます。
5.
感謝の気持ちを込めて茶碗を拝見したら、茶碗の正面を亭主に向け、出されたところに戻します。